忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017年12月15日19:17 】 |
どちらの移動平均線ともに緩やかな上昇トレンドです。

前の取引のエントリーは米ドル/円が一時91.64円まで下落し、その後92.01円まで買い戻され、かなり売られ過ぎだったのではないかと思いました。



再び新値足が陽転したことで、長いボックス相場の安値が視野に入ってきます。



一目均衡表の遅行線を天井に高い価格帯で移動していましたが、少し前に値足が陽転したことで、長中期BOX相場の下限が視野に入ってきます。



単移動平均から考慮するとはっきりと上げと考えられます。



30日平均線より5日平均線が上部で移動しており、どちらの移動平均線ともに緩やかな上昇トレンドです



今までの結果を判断すると、取引すべきかどうか心配になってしまいます。



スローストキャスティクスで判断すると、売られ過ぎ圏で推移していて、引き続き底値を狙うチャートが高まってきました



とりあえず強気で取引でOKだろうと。



ナンピンを狙って、負担になるようなポジションにだけはならないように注意します。



PR
【2008年08月17日18:00 】 | FX | コメント(0) | トラックバック(0)
<<長いボックス相場の下限が視野に入ってきます。 | ホーム |新値足が陰転したことでサポートを突破できるかどうか注意しています。>>
コメント
コメントの投稿













トラックバック
トラックバックURL

前ページ| ホーム |次ページ

忍者ブログ [PR]